キャッシュレス決済の利用が進み、店舗等での対応が進んでいます。コード決済のように決済事業者の積極的なキャンペーンにより利用が大きく増加したサービスに加え、従来のクレジットカードや電子マネーも利用が増加しました。キャッシュレス決済は消費者の消費を促す効果から売り上げ増につながることや、その比率がたかめれば現金の扱いが減り合理化に寄与する可能性も指摘されています。

一方で、キャッシュレス決済の扱いがふえれば加盟店手数料など一定の経費が生じることは課題の一つです。

このような状況から、一部の流通業などではキャッシュレスのメリットを維持しながら、顧客の囲い込みツールとしての効果もあり、加盟店手数料の支払いを軽減する効果が期待できる「ハウス電子マネー(プリペイド方式)」の採用が様々な業種で広がりつつあります。​

 このセミナーでは、山本国際コンサルタンツ代表山本による国内のキャッシュレス決済の傾向、プリペイド方式のキャッシュレス決済の可能性等の解説に加え、べスカ株式会社が提供するが「ハウス電子マネー」に関するソリューションをご紹介します。


 

 セミナー内容 

 第1部 プリペイド型ハウスカードの有効性について
  山本国際コンサルタンツ合同会社

 

 第2部 スマホ時代のハウス電子マネーソリューションのご紹介
  べスカ株式会社

 講師 

 第1部 山本正行(山本国際コンサルタンツ 代表)

 第2部 福田省吾(べスカ株式会社 取締役)

 共催 

べスカ株式会社

山本国際コンサルタンツ合同会社

 お申込み 

7月28日(水)

 ① 10:00-11:30 【終了】

 ② 14:00-15:30 【終了】

 (①,②は同じ内容でライブ配信です)

​お申込み後の受講時間変更、キャンセルはこちらからどうぞ

 
iStock-1139896436.jpg
logo_vesca.png

ベスカ株式会社/山本国際コンサルタンツ共催 

キャッシュレス・セミナー

なぜ今「ハウス電子マネー」が注目されるのか?  
2021年7月28日  ①10:00  ②14:00 【終了】

※各回定員になり次第締め切らせていただきます。

YLC_LOGO_no_mergin.png
p400_environmental8_4288x2848_091516.jpg